開発日誌

からふる現状報告

2017/12/21 byけいらん


ご無沙汰しております。けいらんです。
いくつか報告がありますので、こちらに書かせていただきます。

続きを読む▽

 
①C93について
まずはじめに、今回コミックマーケット93において、東方Projectなどのクラシック系ピアノアレンジを中心とする同人音楽サークル「Presence∝fTVA」様が頒布する新作CD、「Presence∝fTVA the 10th」 において、からふるに使用されているゲームBGMが2曲アレンジで収録されることになりました。
「Presence∝fTVA the 10th」様についてはこちら↓
公式ツイッター→https://twitter.com/Presence_fTVA
公式サイト→http://www3.to/presence

からふるは音楽にとても力をいれているゲームでもありますので、興味がある方は是非買って聴いてみてください!
こちらは本サークルの音楽担当をしているマサヤンさんが所属する音楽サークル様でして、この度こういったコラボと相成りました。
CDを買っていただいた方にはからふるC92体験版のDVDパッケージもついてきます。体験版を買ってプレイしてみたい方も是非。
ちなみに、単体での購入も可能だそうです。
からふるC92体験版単体の場合はC92と同じく200円になります。
下記にあります声優変更に伴い頒布は迷いましたが、せっかくのご提案でしたので関係者に許可をとった上で公開させていただくことになりました。
C92版の頒布はこちらが最後となります。
なおPresence∝fTVA様のブースは、「金曜東う09b」になります。

②現状について
現在制作中の”からふる”において、ツイッターの方でも告知させていただきましたが、今回残念なお知らせがあります。 渡瀬琴音のCVが変更になります。
担当声優様がとても忙しく、体験版収録以降忙しいとのご連絡はあったのですが、本人のやる気や、こちらの期待もあって長らく結論を先延ばしとしておりました。
しかし12月に入ってはっきりと今後の見通しが経たないという連絡があったため、今回は変更することになりました。
C92にて体験版を出したこともあって、好評いただいていただけに残念です。

新しい声優様とは現在交渉中です。サイトの音声など準備できましたら告知させていただきます。
こちらはそんなに時間ははかからない予定です。

③今後について
今後どういうスケジュールになるかという話なのですが、からふる完成時期について詳しい時期は言えない状況です。
ですが、2018年中にはなんとしても完成、公開するべく動いています。
音声一人分これから収録ということもありますが、実のところ音声編集も滞っています。
音声編集に関しては何度も何度も今まで変更がありました。
最初に音声編集をするといった人を仮にAさんとしますが、Aさんが1年間結局やらず、その間に補佐で入れていた人達も音声編集同士の内輪もめで抜けたり、Aさんがクオリティのダメ出しをして抜けさせたりということがありました。
夏コミに際してAさんが脱退することになり、新たに音声編集引継ぎを行ったわけですが、その方もリアルの事情で全てを編集することが難しくなってしまいました。
その方も夏コミの分は全力で頑張ってくれましたし、事情が変わってしまったのはどうしようもありません。
そこでまた現在別の方にお願いしている最中です。
まだ触り部分の編集を始めたところなので告知はできませんが、もう少し数がそろえば正式に告知予定になっております。
しっかり音声編集経験のある方にお願いしていますし、こちらも全力でサポートしてまいります。
live2dの都合上音声が届かないと本編のスクリプトも進まないのですが、1話ずつデータ頂いて本編も進行予定となっておりますので、毎月しっかりと本編制作を進めさせていただく予定になっております。

また、からふる公式サイトにて更新停止中の「月刊からふる」ですが、こちらも原画担当者がリアル多忙で滞ってしまっています。
もうあと少ないので、全て原画をいただいた段階で更新を再開しようと思っています。
こちらは年明けから続報お伝え予定です。
今回無償での長期制作、それぞれの本業などといった都合からどうしても人事面はうまくいっておりません。
そのため何度もこのような事態になってしまったことを深く反省しております。
宣伝も早期に行ったため、楽しみにしていただいている方からすれば非常に残念に思われていることかと思います。
今後はこのような事態がないよう慎重に進めて、大丈夫だと確信した段階での広報を心掛けさせていただきます。
最後まできっちり作りきって公開させていただくので、もうしばらくお待ちください。

年明けまた記事更新予定ですので、またその時に。
本年は誠にありがとうございました。
それでは皆様、良いお年を。
閉じる△

夏コミお疲れ様でした!

2017/08/20 byけいらん


少しお久しぶりです。
夏コミまでに更新するようなことを書いておきながら、結局更新できずに申し訳ございません。。
予想以上に夏コミの準備以外何もできなかったです!
で、夏コミが終わってもう一週間になりますね。
夏コミに向けて力をすべてそちらに向けていた影響で、色々とやることがあって今の今まで更新できませんでした。ダメダメだぁ…。
とりあえず今回は夏コミのことを書きます!

続きを読む▽

 
とりあえず夏コミお疲れ様でした!!


夏らしい感じの絵でも描こうと思って描いてみました。特に意味はないです。

うちのブースに来て買ってくれた方々本当にありがとうございます。
また完成版まで待っているとお声をかけていただいた方、どうか完成版が出た際はプレイをお願い致します……!

売れ行きですが、予想より売れました!
というか結構多めにもっていっていたので、そりゃ余るわなぁって感じで余っちゃったことは余っちゃったんですが、元々もっていく予定だった部数だと全然足りなかったですね。
他にも配らないといけない分とかあるので、多めに作っておいて良かったかなと思っています。

コミケに売る側で初参加だったんですけど、本当に参考になりますねー!
うちのサークルはまずお隣さんに恵まれていました。
両隣ともノベルゲームを作っていらっしゃって、色々と有意義な情報交換をさせていただきました。
左隣の方はなんとうちと同じlive2d使いということで、かなり刺激的なアイデアや情報などいただきました。本当にありがとうございます。
まずブースのレイアウトで驚いたのが、タブレットを設置して自由にタッチできるLive2dモデルを置いていたことですね。
公式が出しているツールらしいんですが、タッチでキャラクターが反応するんですよ!
ただアイドリング状態で動いてるだけでも目を引きますが、実際にタッチして反応が視れるのはとても楽しかったです。
今後は是非コミケなどでも活用したいですし、サイトとかでも使えたら楽しそうですよね。

後色々思いついたんですけど、今回みたいに300とかの大量の在庫じゃない場合、盤面デザインを複数用意したりするのも面白そうですよね。
それを見本として展示するだけでも、選べる楽しさとか雰囲気とか楽しそうかなと思ったりもしました。
単純なレイアウト面でもいろいろと改善の余地があるのですが、こういった魅せ方についても考えていて楽しいです。

今回のレイアウトとしては、単純にゲームと動画くらいしか置いていなかったこともあって、ゲームが好きなんだろうなぁという方が興味を持ってくださって買ってくれた印象です。
実際にどんなゲームかご質問いただき、お話ししているうちに面白そうだと言ってくれた方もおりました。
よく驚かれたのはフルボイスであることとlive2dでしたね。勿論ボリュームも驚かれることはありましたが、一番はフルボイスだった気がします。
やはり声優さんがしっかり声を当ててくれているというのも大きな強みだなぁと実感する1日でもありました。
キャストの皆様の力あってこそのゲームなので、今後ともよろしくお願い致します。

動画のほうはopとlive2dと戦闘と全て繋げたものを用意していたんですが、別々に置いておくのがベストだったなぁと痛感しました。
やっぱりlive2dって新鮮みたいで、運よくlive2dのタイミグで見ていた人は興味を持ちやすかった印象があります。

振り返りとしてはこんな感じですかねー。
実際に色々お話しした方やサークルで色々教えていただいた方本当にありがとうございました。
今後とも仲良くしてくれると嬉しいです。
搬入から搬出までマサヤンさんと2人でやってたんですけど、帰りの道では2人でずっとアイデア出し合ったり反省点だったりで夢中になっていました。
当分コミケはいいやと思ってたんですけど、2人の中ではいや参加したほうがいいねっていう結論になりましたね。
基本的に年1回はコミケに参加するのが目標かなと思っていますので、また会場で皆様と会えるのを楽しみにしています。
閉じる△

システムについて

2017/08/01 byけいらん


どうもお疲れ様です。
前回の記事で明日と書いて一日遅れてしまいました申し訳ございません;
さて、ついに8月に入ってしまいましたね。
暑い日が続いていますので、皆様もお体にはお気を付けてください。
ギリギリで作業をしている身としては震えが止まりません。時間が経つのは本当に早いです……。
というかここ1週間くらい風邪を引いてしまっているので物理的に震えています。
夏コミまでに治します…。

前回の記事の予告通り、今回はからふるのシステム面をちょっとだけご紹介します!
今回も少し長いので、続きを読むボタンからお読みください。

続きを読む▽

 

まずはこのゲーム画面にご注目。

メッセージウィンドウ右上のボタン群の中に”メモ”とありますね。
更に画面右上に通知が出ています。
キャラクター紹介動画にもちらっと右上に通知が出るシーンがあったかと思いますが、これは特定の場所で追加されるTipsみたいなものです。
メモページにはこのメッセージウィンドウ右上のボタンから他、タイトル画面からも行くことができます。
メモの中身はこんな感じ。

ネタバレ防止のため一部黒線いれています。
今回の体験版だけでもある程度の項目があるので、是非読んでみてください。
メモを読むことで、より一層ゲームの世界観が伝わりやすくなっているかと思います。

次にオプション画面です。

右下のアイコンにご注目。
システムボイスを選択できます!
セーブをするときとか、逐一喋ってくれるので嬉しい機能です。
画像の状態だと全てのアイコンが光っているのでランダム状態です。
好きな顔アイコンをクリックすることで、特定のキャラだけが喋るようにできます。
システムボイスを聴きたくない場合は、システムボイスの項目を「なし」にするとよいでしょう。
今回は野杏までのシステムボイスを搭載していますが、完成版では増えます。お楽しみに。

今回は標準的なCGモードの他、BGMモードも用意しています。
完成版のBGMではデザインが変わる予定なんですが、今回はこんな感じです。

そう! 作曲者のコメントがついています。
けいらん自身BGMモードでコメントがあったりすると嬉しくなっちゃうタイプなので、実装しました。
BGMは本当に凝っているので、こういった鑑賞モードだけでも楽しめるようなゲームにしたくて用意しています。
是非堪能してください。
なお、今回の体験版ではネタバレ的なことは書けない制約がありましたので、ストーリーの核心に迫るようなコメントは書いていません。
ですので、最初からモードとしては開放されています。
新しくBGMが再生されたタイミングで随時追加されていますので、その都度BGMモードにいくことで楽しむことが可能です。
これはCGモードも同様ですね。 完成版ではネタバレ込みのコメントが載ることになると思いますので、仕様(とデザイン)が変わる予定です。

以上、ゲームを彩るシステム面をいくつかご紹介しました。
システム面の実装はshoさんにしていただいています。ありがとうございます!
その他、夏コミ仕様ということでクリア後には特別なページも用意しています。
こちらの仕様も含めて2、3日以内には実際に頒布する夏コミの体験版の商品紹介などアナウンスさせていただきます!

今回はここまでとさせていただきます。
次回はその夏コミ仕様のご案内と、からふるの今後とかそういう関係の記事になるかと思います。
現物の写真なんですが、プレス作業がまだなので公開まであと数日かかりそうです。
そちらも出来ましたら紹介致します。
それではまた。
閉じる△

live2dについて

2017/07/31 byけいらん


どうも、けいらんです。
鋭意制作中、三日月メロンの1作目となる「空の水面に、降る華在りて」通称”からふる”の先行体験版をC92へともっていきます!
ということで、当分の間はその宣伝的な記事をあげさせていただきます。
三日月メロンのトップにある予告チックなものとか、メンバーのこととかサークル方針とか語りたいことは山積みなのですが、それもおいおい記事にさせていただきますので、しばしお待ちくださいね。
ドタバタしているサークルで申し訳ないです。。

現在制作しているからふるというゲームはフリーのノベルゲームです。
フリーであるがゆえに、やりたい放題作っている節があります。
ジャンルは現代御伽草子。企画者のけいらんの思惑的にはアニメチックな展開のシナリオゲーです。
多彩なキャラクターとそのキャラクターがそれぞれ持っているストーリーが、ユーザーさんの心にしっかり届けばいいなと思っています。
そんな感じのゲームなんですが、やりたい放題ということで、シナリオ、BGM、絵とそれぞれ多めに用意しています。1stOPも長いですしね。(各担当者様に本当に感謝です)
企業に比べればそれでもまだまだなのでしょうが……出来る範囲で世界観を描くべく、色々と作っていますね。
そんな中、Live2dというイラストを動かすことのできるソフトを利用している点も今作の特徴であります。
今作の特徴というか、言ってしまえば三日月メロンが今後作るゲームは全てLive2d搭載予定ではあるんですが。
というわけで今回の記事では、まず初めにlive2d部分を少しピックアップしてご紹介します!

続きを読む▽

 
何故最初にそれなのかというと、昨日「空の水面に、降る華在りて」に登場するキャラクター7名の紹介動画をあげたからですね。
からふる公式サイトのキャラクター紹介ページや、三日月メロンのチャンネル動画から見れます。是非見てね!(宣伝)
公式サイト↓
http://karafuru.xxxx.jp/
三日月メロンのチャンネル↓
https://www.youtube.com/channel/UCgnNilrk0I_7beqG80gjxjw

で、今回の動画は本編からそのまま録画してきたものです。
実際どんな感じのゲーム画面なの?っていうのをそのまま伝えてみた感じですね。
1人2~3分なので、全部見ると結構長いです。
実際に動いている立ち絵、声優様の素敵な演技、そしてキャラクターそれぞれに合ったテーマBGM(真白だけ日常曲です)と、ゲームの雰囲気はわかっていただけたのではないでしょうか。

Live2dのモーションですが、キャラクターの基本的な待機モーションは約40~60、それぞれに用意しています。
例えばサンカなら喜び系のモーションが8個だったりするので、微妙なニュアンスの違い(首の傾げ方とか腕の形とか)で分けてたりします。
そんな待機モーションとして作ったものに、声優様からいただいた音声を挿入、音声データから口パクを生成して書き出し、というのが基本的な流れです。
ですが今回、口パクにおいて特に自動的なプログラムなど用意できていません。
ですので基本的に手作業で口パクモーションの書き出しを行っています。
ならば、せっかくですのでしっかり台詞にあったモーションを作りたい!ということで、台詞によってはその台詞専用モーションなんかを作ってたりするわけです。
わかりやすい例でいえば、肯定/否定のモーションとかですね。

今回は琴音のキャラクター紹介動画で登場したサンカの台詞
「えっ……? う、うん。琴音さんも百鬼知ってるの?」
のモーションをピックアップして制作工程をご紹介!
これは3つの表情に分けれる台詞ですね。
分けると、
・えっ……!?(驚き)
・う、うん(肯定)
・琴音さんも百鬼知ってるの?(疑問)
となります。

こちらがその制作風景を録画したものです。(1.5倍速です)↓
※この動画は開発日誌用のチャンネルですので動画リストには表示されません。



いかがでしたでしょうか。
ちなみに今回は私服でやっているので、本編のモーションよりも味付け濃いめで作ってみました。

声優様の演技を聞いていると、一つの台詞の中でもいくつもの表情が見えてきたりします。
そんな表情をできるだけ表現するために、一つ一つのモーションをこだわって制作しています。(今後プログラム方面が強化されたらもっと楽になるでしょう……)
今回説明した通り、喋っている最中もキャラクターの表情は変わります。ですので、是非声優様のボイスをフルで聴きながら、動きも楽しんでいただけたら光栄です。
また、喋っていないときの動作も細かく演出している部分はありますので、是非ご注目!
うちのサークルではキャラクターが生き生きとしたゲームを作りたいと思っているので、今回もそういう部分が伝われば嬉しいです。長文でしたが、最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

次回はからふるのシステム関係のことなどご紹介します。
恐らく明日!
それではまた。

閉じる△

ご挨拶

2017/7/28 byけいらん


皆さん初めまして。
ゲーム制作サークル三日月メロン代表のけいらんです。
一作目の「空の水面に、降る華在りて」絶賛制作中ではありますが、今まで情報を公に公開しにくい状況が続いていましたので、長らくサークルサイトも作っていませんでした。
C92で頒布予定の先行体験版含め、今後どんどんと情報発信していける段階になりましたので、併せてサークルサイト公開となります。
今後もゲーム作りばかりしていくサークルですので、こちらの開発日誌でも随時情報を発表させていただきますね。
他のメンバーが執筆することもあるかと思いますので、そちらもお楽しみに!

第一回目の更新はひとまずご挨拶まで。
次回よりサークルのことやゲームのことなど具体的な記事をあげさせていただきます!