開発日誌

システムについて

2017/08/01 byけいらん


どうもお疲れ様です。
前回の記事で明日と書いて一日遅れてしまいました申し訳ございません;
さて、ついに8月に入ってしまいましたね。
暑い日が続いていますので、皆様もお体にはお気を付けてください。
ギリギリで作業をしている身としては震えが止まりません。時間が経つのは本当に早いです……。
というかここ1週間くらい風邪を引いてしまっているので物理的に震えています。
夏コミまでに治します…。

前回の記事の予告通り、今回はからふるのシステム面をちょっとだけご紹介します!
今回も少し長いので、続きを読むボタンからお読みください。


まずはこのゲーム画面にご注目。

メッセージウィンドウ右上のボタン群の中に”メモ”とありますね。
更に画面右上に通知が出ています。
キャラクター紹介動画にもちらっと右上に通知が出るシーンがあったかと思いますが、これは特定の場所で追加されるTipsみたいなものです。
メモページにはこのメッセージウィンドウ右上のボタンから他、タイトル画面からも行くことができます。
メモの中身はこんな感じ。

ネタバレ防止のため一部黒線いれています。
今回の体験版だけでもある程度の項目があるので、是非読んでみてください。
メモを読むことで、より一層ゲームの世界観が伝わりやすくなっているかと思います。

次にオプション画面です。

右下のアイコンにご注目。
システムボイスを選択できます!
セーブをするときとか、逐一喋ってくれるので嬉しい機能です。
画像の状態だと全てのアイコンが光っているのでランダム状態です。
好きな顔アイコンをクリックすることで、特定のキャラだけが喋るようにできます。
システムボイスを聴きたくない場合は、システムボイスの項目を「なし」にするとよいでしょう。
今回は野杏までのシステムボイスを搭載していますが、完成版では増えます。お楽しみに。

今回は標準的なCGモードの他、BGMモードも用意しています。
完成版のBGMではデザインが変わる予定なんですが、今回はこんな感じです。

そう! 作曲者のコメントがついています。
けいらん自身BGMモードでコメントがあったりすると嬉しくなっちゃうタイプなので、実装しました。
BGMは本当に凝っているので、こういった鑑賞モードだけでも楽しめるようなゲームにしたくて用意しています。
是非堪能してください。
なお、今回の体験版ではネタバレ的なことは書けない制約がありましたので、ストーリーの核心に迫るようなコメントは書いていません。
ですので、最初からモードとしては開放されています。
新しくBGMが再生されたタイミングで随時追加されていますので、その都度BGMモードにいくことで楽しむことが可能です。
これはCGモードも同様ですね。 完成版ではネタバレ込みのコメントが載ることになると思いますので、仕様(とデザイン)が変わる予定です。

以上、ゲームを彩るシステム面をいくつかご紹介しました。
システム面の実装はshoさんにしていただいています。ありがとうございます!
その他、夏コミ仕様ということでクリア後には特別なページも用意しています。
こちらの仕様も含めて2、3日以内には実際に頒布する夏コミの体験版の商品紹介などアナウンスさせていただきます!

今回はここまでとさせていただきます。
次回はその夏コミ仕様のご案内と、からふるの今後とかそういう関係の記事になるかと思います。
現物の写真なんですが、プレス作業がまだなので公開まであと数日かかりそうです。
そちらも出来ましたら紹介致します。
それではまた。